3丁目5番地 やきもの立(りゅう)

陶磁器

宮城県より出展です。

 

白い器は、温かみのある九谷磁器土で、薄作りでも丈夫な器を、みどり色が鮮やかな信楽土を使った織部の器は、素朴で力強い器を目指しています。織部・黄瀬戸・飴・ルリ釉など色のバリエーションがあり、食卓を楽しくするような和洋どちらにも合う器作りをしています。広告デザインのキャリアのあと、陶芸の仕事を始めました。グラフィカルで、使いやすく、料理が映える形を作っていきたいと思っています。