3丁目11番地 Aki-lab

ガラス

神奈川県より出展です

『とろりと』春、山の木々が芽吹いた様を『山笑う』と言いますが、バーナーの炎に当ててとろりと熔けはじめたガラスの様子は『ガラスが笑う』だなと作業の度に感じます。熔けた感じを閉じ込めたカタチはむふふと笑う前の口にも見えるなとおも思いこれを『笑い』に選びました。組み立ててネックレスに致します。

Exif_JPEG_PICTURE

とろりと熔かしたガラスで小さなものを作っています。身につけたり、ながめたりしてガラスを身近に楽しんでいただけますように。神奈川県から2回目の参加です。